アメリカと日本のホワイトニング事情と海外のおすすめホワイトニング商品を紹介!

アメリカと日本のホワイトニング事情と海外のおすすめホワイトニング商品を紹介!

びっくりするくらい歯の白さにこだわりを見せるアメリカと、エチケットのために歯は白い方がいいかな?程度の認識の方が多い日本では、ホワイトニングに対する意識もかなり違います。

その意識の差から、ホワイトニング関連の商品やサービスの充実度も全くことなることをご存知でしょうか?

今回は、アメリカと日本のホワイトニング事情と、海外のおすすめホワイトニング商品を紹介しましょう。


アメリカ人は歯が命?ホワイトニング意識の高いアメリカ

アメリカ人は歯が命?ホワイトニング意識の高いアメリカ

アメリカの映画やドラマを見ても、出演する人達はみなびっくりするくらい歯並びが良くてまっ白の綺麗な歯ですね。

それはアメリカ人の歯に対する意識や事情が大きく関係しています。

歯は大事な評価ポイント

アメリカでは、歯の美しさは社会的地位の高さや裕福度などステイタスを象徴するものと考えられています。

そのため、歯並びが汚い・歯の色が汚いのは貧しさの証拠ととられてしまうため、歯のケアには敏感になってしまうのは仕方がありません。

費用の問題

また、日本とは異なりアメリカでは医療保険は個人で入るもののため、歯の治療にも保険に加入していないとすべて実費となってかなり高額な支払いをしなければならなくなります。

そのため、プリベンション(予防歯科)を重視し、子供のころから綺麗な歯になるように親も子供もしっかりと注意を払ってケアを行うのが一般的です。

アメリカはホワイトニング用アイテムが充実

上記のような事情から、アメリカでは多くの人が手軽に歯のケアをできるよう、ホワイトニング商品がドラッグストアなどで手軽に購入できます。

しかも日本の市販品では禁止されているホワイトニング効果の高い成分が含まれた商品も多数販売されているので、歯医者に行かなくとも歯を真っ白にすることができるのです。

日本の市販品では禁止されている過酸化水素水を配合したホワイトニング歯磨き粉や、「ストリップ」という薬剤を塗ったシートを歯の表面にダイレクトに貼って使うホワイトニングシート、UV(紫外線)やLEDの光を利用した家庭用のホワイトニングキットなど、日本では審美歯科で行うようなホワイトニング商品がアメリカでは充実しています。

ホワイトニング先進国アメリカのおすすめアイテムをご紹介

ホワイトニング先進国アメリカのおすすめアイテムをご紹介

では、日米の事情をお分かりいただけたところで、アメリカでおすすめのホワイトニングアイテムをご紹介しましょう。

レンブラント ホワイトニング歯磨き粉

アメリカで絶大的な人気を誇るホワイトニング歯磨き粉といえば、ホワイトニングのパイオニア的なブランドでありアメリカ歯科学会にも認められている「レンブラントの歯磨き粉」です。

表面のステインを除去するだけでなく、歯の深部の着色までも落とせる歯磨き粉です。

また、歯のエナメル質を正常に戻すためにフッ素も配合。歯の白さを追求すると同時に、虫歯予防やエナメル質の強化、歯茎の正常化ができるスグレモノです。

購入サイト:楽天 / アマゾン

クレスト 3D ホワイト グラマラス ホワイト 歯磨き粉

クレスト 3D ホワイト グラマラス ホワイト 歯磨き粉

歯のステインや黄ばみ等ををきれいに落とし、汚れが付きにくい歯にケアしてくれるフッ素入り歯磨き粉です。後ほどご紹介するホワイトニングテープと合わせて使うとさらに効果的。

購入サイト:楽天 / アマゾン

スーパースマイル ホワイトニングシステム

スーパースマイル ホワイトニングシステム

わずか数分の習慣で本格ホワイトケアを実感できるというDr.スマイゲル考案のスペシャルセットです。

過酸化水素水と同じく歯の漂白効果のある過酸化尿素を配合しています。

2種類の歯磨き粉を使用の際に半分ずつ歯ブラシに付けて混ぜるのが少し面倒ですが、口コミでもホワイトニング効果が高いと人気なのでお試しください。

購入サイト:楽天 / アマゾン

クレスト3Dホワイト ホワイトニングテープ

自宅で歯を白くするホワイトニングテープ「クレスト3Dホワイト プロフェッショナルエフェクツ」の評判は?

表面にホワイトニング成分を配合したジェルが付いたシートを直接歯に貼り付けてホワイトニングを行うアイテムです。

1日1回30分、上の歯と下の歯にシートをつけてホワイトニングを行います。

日本では許可されていない過酸化水素水を配合した製品のため、インターネット通販や海外旅行の際のお買い物でお求めになるとよいでしょう。

購入サイト:楽天 / ヤフーショッピング

日本では許可されていない過酸化水素水を配合した製品のため、インターネット通販や海外旅行の際のお買い物でお求めになるとよいでしょう。


まとめ

日本とは大きく異なるアメリカのホワイトニング事情。

そこから、個人でも手軽にしっかり効果が得られるアイテムが自然と多く登場する背景はご理解いただけましたか?

日本では元の歯の色に近づけるのが限度(市販製品の場合)であることも多いので、自宅でしっかりホワイトニング効果を実感したいという方は、外国のアイテムをお試しになるのも良いでしょう。

ただ、その分、効果も強くなるためあくまで自己責任でご使用ください。

ホワイトニング歯磨き粉

ホワイトニング歯磨き粉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)