歯磨き粉を使うと舌が痺れる(ビリビリ)するのはなぜ?

ホワイトニング歯磨き粉

歯磨き粉を使っていると舌が痺れて(ビリビリ)してしまう事があります。

「歯磨きし終わった後は何ともないけど、これって大丈夫?」なんて心配になりますよね?

そこで、なぜ歯磨き粉を使うと舌が痺れてしまうのか?詳しく調べて見ましたのでご覧ください。


歯磨き粉を使うと舌が痺れてしまう原因とは?

歯磨き粉 痺れる

歯磨き粉を使って舌が痺れてしまうのは、歯磨き粉に含まれている成分が合わないと言うのが主な原因です。

歯磨き粉に含まれる成分があなたの舌に合わない場合もありますので、その場合は一旦使用をやめて少し様子をみて下さい。

時間を開けてから再度使ってみて、また痺れるようなら違う歯磨き粉に変更した方が良いでしょう。

清涼感を与える成分が強いと痺れやすい

ミントやメントールと言った清涼感を与える成分が強いと、舌が痺れてしまう事があります。

清涼感の成分が少ない物を選ぶと痺れにくくなるかもしれません。

舌の病気の可能性も

舌が痺れてしまうのは、もしかしたら病気という可能性もあるようです。

ストレスやビタミン不足などで舌が痺れやすくなったりするので、気になるようでしたら早目にお医者さんで見てもらうようにして下さい。


まとめ

舌にも個体差があり痺れやすい方もいるので、その場合は歯磨き粉を無理に使う必要はありません。

しっかり歯磨きを行い定期的に歯医者に通えば歯の健康を維持する事が可能ですので、無理に使う事だけはやめておきましょう。

ちなみに、私が使っている歯磨き粉は舌も痺れずホワイトニング効果も高いのでおすすめ。

こちらを参考にして下さい⇒「実際に歯を白くした!おすすめのホワイトニング歯磨き粉『オーラパール』の効果

ホワイトニング歯磨き粉

ホワイトニング歯磨き粉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)